エンジニア紹介 vol.04

毎日少しずつ。それを少しでも長く
S.Kさん
エンベデッドシステム事業部 第1開発グループ エンジニア

パーソナルインタビュー


1.現在の仕事内容を教えてください
IoTシステムの開発を行っています。私が担当しているのは送信機のファームウェア部分で、基本設計~単体テストを実施しています。具体的にはお客様の要求を受けて、それを実現する方法を考え、要求の内容や現在のソフトウェアの構成などを考慮して最適な方法で作りこみます。リリース前にはソフトウェア全体の動作検証も行っています。
2.あなたにとって仕事のやりがいは何ですか
成長を実感できることです。ベースとなる組み込み系の技術はどのような場面でも必要になりますが、プロジェクトによっては開発対象の専門知識が必要になることもあります。ネットワーク機器の開発を行えばネットワークの知識が必要になりますし、医療機器の開発を行えば医療の知識が必要になります。時には世に出ていない技術に触れることもあります。その度にそれらを自分のものにし、より質の高い製品創りに貢献できることが私にとっての仕事のやりがいです。
3.日創工業に入社を決めた理由を教えてください
充実した研修制度に惹かれて入社を決めました。日創工業では異業種から転職してくる人が数多くいますが、私もその一人です。右も左もわからないところへ足を踏み入れるので当然不安はありましたが、しっかりとした研修が2か月もあるので、その中で見えてくることもあるのではないかと思い、入社に至りました。
4.将来の目標を教えてください
自分がつくった製品を世の中のスタンダードにすることです。かつて小泉純一郎元首相は「欲しいものがないと言われる現在でも、新しい時代をとらえた商品の売れ行きは伸びている」と述べ、食器洗い乾燥機・薄型テレビ・カメラ付き携帯を「新三種の神器」と命名しました。現在これらは日常生活になくてはならないものとなり、浸透しています。今後はどんな神器が生まれるかはわかりませんが、私がつくった製品をそれに相当するものにしたいと考えています。
5.応募者へのメッセージをお願いします
千里の道も一歩から、という諺があります。どんなに大きな物事でも、手近なところから着実に努力を重ねていけば成功する、という意味の諺です。日創工業ではその一歩一歩を全力でサポートする体制が整っていますので、もし未経験の方でもIT業界への道に進みたい気持ちが少しでもあるならば、勇気を振り絞って最初の一歩を踏み出してください。決して楽な道ではありませんが、苦しいことばかりでもありません。いつの日か、二歩目、三歩目、と共に切磋琢磨していける日を楽しみにお待ちしております。

ある一日のスケジュール

06:30
起床
08:00
自宅を出発
09:30
会社到着、事務作業やメール確認等
10:00~11:00
チームで打ち合わせ
11:00~12:30
コーディング
12:40~13:25
昼休憩、社内で昼食
13:25~15:00
コーディングの続きを行う
15:00~19:00
作成したプログラムの動作確認、及び不具合修正
19:00
退社
20:00~
自宅で勉強
21:30~
ジムでトレーニング
24:00
就寝